小関裕太 主演映画「ドロメ 男子篇」ホラー?コメディ?笑って見られるホラー!感想・評価・ネタバレ

映画
スポンサードリンク
Pocket

こんにちは

スワン通信です♪

 

今日の感想レポートは

映画『ドロメ 男子篇』です。

 

スワン通信一押し俳優「小関裕太」さん主演です。

この映画は「男子篇」と「女子篇」があります。

 

最初は

「男子の怖い話の映画」「女子の怖い話の映画」と

全く別の話なのかと思っていのですが

見ている途中で「あれ?」と思い

最終的には、両方見ないと完結しないのかい!

って、映画でした(笑)

 

同じ出来事の「男子目線」「女子目線」と

言うと分かりやすいかもしれません。

 

 

~物語(あらすじ)~

期待と不安の中、ついに始まった
男子校と女子校演劇部の合同合宿!
主役の座は俺のものだ!私のものよ!
友情あり、恋あり、正に青春ど真ん中!
しかし、突如として現れた泥まみれの観音像…。
たび重なる恐怖の怪奇現象…
そして、村に言い伝えられる
“ドロメ”の謎とは!?
引用:ドロメ公式サイトより

 

~キャスト~

 

小関裕太

 

 

かっこいい~!可愛い~!好き(笑)

 

森川葵

 

 

中山龍也

三浦透子

大和田健介

遊馬萌弥

岡山天音

比嘉梨乃

菊池明明

長宗我部陽子

木下美咲

東根作寿英

 

~監督・脚本~

内藤瑛亮

■主な作品

・映画

『牛乳王子』
『先生を流産させる会』
『廃棄少女』
『お兄ちゃんに近づくな、ブスども!』
『高速ばぁば』
『救済』
『パズル』
『リアル鬼ごっこライジング』
『鬼談百景』
『ライチ☆光クラブ』

脚本:松久育紀

 

~プロデューサー~

田坂公章

鈴木仁行

 

~ドロメって何?~

『泥打観音(どろぶちかんのん)』は、
観音像に泥をぶつけると願い事が叶うと云われている。
昔々、田んぼの中に埋まっていた観音像を
ある村人が発見した。
村人は泥を綺麗に洗い流して社に安置した。
ところが次の日にまた泥の中に観音像は埋まっていた。
そこで、村人はまた洗って元の位置に戻したのだが、
翌日また泥の中に埋まっていた。
それから泥を好む観音様であると考えらるようになり、
泥をぶつけてお参りすると願い事が叶うと
言われるようになった。
引用:ドロメ公式サイトより

 

 

 

実際に存在するの?

「泥打観音」は実在しました。

 

 

~泥打観音~

住所:愛知県豊田市小原町前田176-1

最寄バス停: 名鉄豊田市駅からとよたおいでんバス小原・豊田線「小原大草」下車 徒歩5分

 

 

出典元:小原観光協会HP

 

 

ここからネタバレ含みます!

 

~感想・評価・ネタバレ~

おそらく、、、

女子篇の方を先に見た方が良かったのかも?

 

ツッコミどころも満載

ホラーなの?コメディなの?(笑)

 

全く怖くはない(笑)

結構笑えます。

 

 

■なんだあの男子三人のウキウキ感は(笑)

女子校と合同合宿にワクワクしてる感じは

よ~く分かるのですが、、、。

私の場合、映画の最初の方って

かなり大事にして見ているのですが

三人で掃除道具を持って、

歌って踊ってはしゃいでるシーンを見て

「マジかよ(笑)」

と苦笑いしてしまった。

なんか、不自然(笑)

ワクワクしてる演劇の練習をしてるのかと思った。
(そうなのか?)

実際、物語が「演劇部」だし(笑)
(スミマセン・・・)

こんな感じの映画が始まるのか…と思った。

 

 

■訳アリっぽい男女の再会

なんかあったんだろうな~。。。

って思いながら、小関裕太さんって

本当に美形だなぁと思いながら見ていた(笑)

森川葵さん、髪短すぎじゃない?とも思った。

失恋して、髪切り過ぎた…とかじゃないよね?

ここは、女子篇を見ないとですね。

 

 

■小春(森川葵)と颯汰(小関裕太)は両想い?

前に、颯汰(小関裕太)が小春(森川葵)を

振っちゃったのよね。

でも、それには理由あった。

 

 

■颯汰(小関裕太)の母親

強烈に息子を愛しすぎて束縛する

息子大好きな母親。

子離れ出来ない母・・・の霊

 

って、霊なんかいっ!!

え?なら、ドロメの霊はこの母親?

あれ?服の色が違うお化けがいるぞ?

 

ややこしいな(笑)

 

ドロメの呪いのお化け=白い服?行方不明の響子先生?

母親の霊=赤い服?

 

 

でも、息子が小関裕太さんなら

息子の彼女に嫉妬するかも(笑)

 

 

■白い服の霊に誘導された階段のシーン

親切に誘導してくれてるし

何故か後ろを小春(森川葵)が走って行くし

白い服の霊が指さしたところに

母親の霊(赤い服)がいるし・・・

 

はぁ?意味不明。

 

あ、白い服の霊が颯汰(小関裕太)に

教えてくれたのかな?

やっぱり響子先生か?

母親の霊に小春(森川葵)が嫌がらせされてるのか?

 

 

■颯汰(小関裕太)が小春(森川葵)を振った理由

これか・・・

颯汰(小関裕太)が女性と接触すると

母親の霊が現れるのよね。

だから、小春から告白されそうな時

後ろに母親の霊が現れた。

だから、逃げちゃったのです。

 

 

■想像通り、ひとりずつ呪われていく

ドロメの呪いって、どんなだ?

どうやって呪われるんだ?

と期待していたら、、、、

 

斬新!

 

泥を人間に垂らして移しているじゃないか(笑)

口からも?

汚い!汚い~!!(笑泣)

 

それで、ゾンビみたいになって

ドロメの仲間になっていく。

 

え?じゃぁ、倒れなければ(横にならなければ)

泥移されないか?

呪われないですむのか?

などと考えてしまった。

 

 

■呪いから解放する方法がまた斬新!

え?泥を吐きだせば、呪い消えるの!?

簡単すぎる(泣笑)

 

なので、ボッコボコにして泥を吐かせて

呪いから助けるわけです。

 

 

■お化け3種類?

白い服のお化け=殺された山岸響子先生の霊

赤い服のお化け=颯汰(小関裕太)の母親

泥のお化け=ドロメ

 

響子先生は誰に殺されたのか?

 

桐越先生が振られた腹いせで殺しました。

響子先生の遺体を山に埋めた後に

泥打観音の首を折って、

泥打観音のせいにしようとしたのですね。

 

酷い・・・

 

あ、だからドロメが?

 

ふむ。

ややこしい!

 

 

■母親殺しちゃうの!?

颯汰(小関裕太)の母親の霊は

死んだ後も依存して束縛して出てきちゃうし

恋愛を邪魔したりするけど

 

殺しちゃうの!?

母親を?

 

あ、霊だけど。

あ、霊だから、死んでるのか。

徐霊したって事か。。。

 

ややこしい!

 

「僕は小春が好きだ。邪魔すんな!」

 

え~!?

そこで、このセリフ?

幼稚すぎる。。。(笑)

 

 

確かに、ずっと母親の霊に怯えながら

生きるのってしんどいけど、

でも、もっと他の除霊の仕方無かったの?(笑)

 

 

■ヒーローはヒロインを助けに行く

物語的には、そうなるんだけれど

なんだか憎めない「ドロメ」

可愛くて笑っちゃう。

これ、ホラーだったっけ?って感じでした(笑)

 

最後、ドロメをボッコボコにして

終わるんだけど、

可哀想!とさえ思ってしまった。

イジメみたいだったよ…

 

そして、かなりグロイ(汗)

 

 

■小さいドロメがたくさん

予告映像の最後にもありますが

小さいドロメがたくさんいるのが

可愛い(笑)

 

 

■最後に母親の霊・・・

でっかくなっちゃった?

 

 

結局、ドロメは「神?」「悪?」

って思ってしまう。。。

 

 

モヤモヤどころがいろいろあった。

だから「女子篇」を最初に見た方がいいのだな。

そしたらスッキリしたんだろうな~。

 

 

小関裕太さんが好きだからといって

「男子篇」を先に見ないで

見たいの我慢して

「女子篇」からみよう!

 

私は、モヤモヤするから「女子篇」も見よう…

あ!それが1本にまとめなかった理由か!?(笑)

 

 

 

 

 

映画「ドロメ」【男子篇】【女子篇】 予告1

https://youtu.be/JUTqavCr5y0

 

映画「ドロメ」【男子篇】【女子篇】 予告2

https://youtu.be/lhE3qCnSCzc

 

映画「ドロメ」【男子篇】【女子篇】 小関裕太×森川葵コメントムービー

https://youtu.be/A333cVU1nm4

TCEchannelより

 

なるほど、コメントムービーで

「女子篇」→「男子篇」→「女子篇」

と見るのがおススメと言っていますね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

森川葵さんも大ブレイクしていますね!

何故か、たまたま私が見てる作品に良く出てくる。

それだけ多くの、お仕事してるって事ですよね。

 

岡山天音さんも頭に残る役者さんですよね。

かっぱ寿司、食べよう~。

 

 

これからも作品楽しみにしています。

 

 

「奥様は、取り扱い注意」第7話 合コンのイケメン俳優は誰?小関裕太プロフィール「覆面系ノイズ」「曇天に笑う」「ちょっとまて野球部!」
 

 

記事の内容を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで
共有して頂けますと、とても嬉しいです。

 

この記事を見た人は、こんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す

ページの先頭へ