長谷川博己主演「ラブ&ピース」最初は激しい怒りと悲しみが…声の出演に星野源?麻生久美子

映画
スポンサードリンク
Pocket

こんにちは

スワン通信です♪

 

今日の映画は、長谷川博己さん主演

『ラブ&ピース』です。

 

これは、先日

2018年お正月にテレビ放送されていました。

2018年1月2日に『都庁爆破!』が放送され、

2018年1月3日に『ラブ&ピース』が放送されました。

 

『都庁爆破!』の感想はこちら

吉川晃司がかっこよすぎる!長谷川博己主演 新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」感想・気になる点・ネタバレ!

 

 

最初、見るつもりは無かったのですが

ついつい見ていたら、激しい怒りと悲しみが湧いてきて

「これ、どうしてくれんだ!許さないぞ!」

って気持ちで、つい、続きを見てしまった(笑)

 

怒りが収まらない中、映画情報を調べたら

声の出演で大好きな「星野源」という名前が!

 

星野源!!??

どれ!?

 

と、また食いついてしまいました(笑)

まんまとそのまま最後まで見る事になったのです(笑)

 

 

~あらすじ~

楽器の部品会社で働くサラリーマン・鈴木良一(長谷川博己)は、
以前はロックミュージシャンを目指していたが挫折し、
それ以来うだつのあがらない毎日を過ごしていた。

同僚の寺島裕子(麻生久美子)に想いを寄せているが、
小心者すぎてまともに話すこともできない。

ある日、良一はデパートの屋上で
一匹のミドリガメと目が合い、運命を感じる。

あきらめたロックミュージシャンへの道、
裕子への想い・・・
良一の人生を取り戻すために必要な最後の欠片<ピース>、
それが・・・そのミドリガメだった!

そのミドリガメ・ピカドンとの出会いが転機となり、
良一の人生は怒涛の展開をみせ、
日本じゅうを巻き込んでいきー。

そしてそれは謎の老人(西田敏行)と
言葉を得たおもちゃたちの住む、
不思議な地下の世界にまで席巻していく。

ーその半年後、来る東京オリンピックのために作られた
「日本スタジアム」で行われている、
熱狂した観客に包まれた大人気ロックスターのライブ。

そのスターは、自信に満ち溢れ、
きらびやかに変貌した良一だった。
そしてそんな良一を客席から見守る裕子。
良一、裕子、ピカドン、謎の老人、おもちゃたち。
愛を奪い返そうとする彼らの想いは、
引用:「ラブ&ピース」公式サイトより

 

 

~キャスト~

長谷川博己 =鈴木良一
麻生久美子 =寺島裕子
西田敏行 -謎の老人
渋川清彦 =マネージャー/稲川さとる
マキタスポーツ =良一の会社の課長
深水元基 =田中透
手塚とおる =科学者
奥野瑛太 =Revolution Q
長谷川大 =Revolution Q
谷本幸優 =Revolution Q
IZUMI =Revolution Q
小倉一郎 =良一の会社の同僚A
真野恵里菜 =女子高生
神楽坂恵 =ユリの母
菅原大吉 =記者
波岡一喜 =良一のアパートの隣人
松田美由紀 =レコード会社のプロデューサー/松井
田原総一朗 =司会者
水道橋博士 =コメンテーター
宮台真司コメンテーター
茂木健一郎 =コメンテーター
津田大介 =コメンテーター
星野源 =PC-300(声)
中川翔子 =マリア(声)
犬山イヌコ =スネ公(声)
大谷育江 =大谷育江(声)
横尾和則  =スーツアクター

 

 

~スタッフ~

■監督/脚本

園子温

・主な作品

『紀子の食卓』
『愛のむきだし』
『冷たい熱帯魚』
『地獄でなぜ悪い』
『新宿スワン』
『リアル鬼ごっこ』

 

■特技監督

田口清隆

 

■製作

重村博文
長澤修一
山本英俊
宮本直人

 

■プロデューサー

森山敦
豊島雅郎
鎌形英一
柳村努

 

■音楽

福田裕彦

 

■主題歌

RCサクセション「スローバラード」

 

 

~作成年~

2015年

 

 

~映画『ラブ&ピース』予告編 ~

 

 

~映画『ラブ&ピース』特報 ~

Asmik Aceチャンネルより

 

DVDはこちら↓

 

 

 

ここから少しだけネタバレ含みます!

 

 

~感想・ネタバレ~

 

この映画は怪獣特撮映画でコメディ?

ラブ・ファンタジー?

パニック映画?

なのかもしれないけれど、

 

最初にも書いたのですが、

まずは激しい怒りと悲しみが、、、

 

亀をトイレに流すなんて、絶対にイヤ!

 

映画だと分かっているけど、凄く悲しい気持ちで

ずっと泣いてました。

 

次の面白いシーンとかになっても

カメちゃんの、流れて行くシーンの顔が

それこそ、歌になっていた通り

あの顔が忘れられなくて、頭にずっと残りました。

 

悲しくて、悲しくて、涙が止まらなかった。

 

思わず笑っちゃうようなシーンとかたくさんあるけど

笑えない。

 

 

ようやく、トイレに流された亀ちゃんが

下水道?を旅して、仲間がいる所にたどり着いて

少し安心した。

 

 

でも、実際、亀をトイレに流したら

あんなに綺麗な場所を流れないです!

 

まず、排泄物だらけのドロドロの場所に着いて

底無し沼みたいになるんじゃない?

臭いや蛆虫がたくさんいて・・・

生きてなんて行けないよ。

 

絶対にマネしないで欲しい。

 

 

ようやく、仲間がいるところで慣れて

トイレに流したご主人さんを恨んでない事が分かり

やっと映画の内容を考える事が出来てきた。

そこまでは怒りと悲しみしかなかった。

 

 

■カメちゃんの声が可愛かった

だから余計に怒りがましたのかも^^;

 

■カメちゃんとの毎日の些細な事が

のちのち、繋がっている。

 

■カメちゃんが可愛い

とにかく可愛い。

亀ってこんなに可愛いんだなぁ~と思う映画。

飼いたくなるかも。

あの、頭を上にあげて顔を見るのが

たまらなく可愛いです。

 

■西田敏行さんの役がとても良かった。

心が温まる。

結局、西田敏行さんはサンタクロースさんだったのかな?

あ、そういう事か!?と、最後に思った。

みんな戻って来ないといいですね^^

 

■結局、人生はやり直せるって事を言いたかったの?

調子に乗るなよ!

間違えたらやり直せるよ!

って事を言いたかった映画なの?

でも、あれカメちゃん死んじゃってたら

やり直しもないじゃない!

生き物は大切にしましょう。

 

■シン・ゴジラかよ!

みんなそう思っただろう。。。

 

■星野源さんの声は癒し

PC-300の声を演じていたのですが

星野源さんだっ~!って、ほっこりした。

怒りが半減した(笑)

 

■中川翔子さんが上手すぎる

全然分からなかった。

聞いても、え?本当に中川翔子さん?

って思うくらい、人形と声がマッチしていた。

さすがです。

 

■あの曲、頭に残る・・・

「ラブ&ピース。お前を、忘れない~♪」って歌

頭に残る~^^;

めちゃくちゃ残る。

 

■麻生久美子さん綺麗

さえない役だけど、綺麗な人は、やっぱり綺麗。

結局最後は、ハッピーエンドですよね?

カメちゃんのおかげですね!

カメちゃんと彼女と仲良く暮らしてください^^

 

 

スポンサードリンク

 

 

ツッコミどころ満載の映画でしたが、

長谷川博己さんの変わっていく姿は必見です。

 

こちらも、さえない役でも、イケメンはイケメン^^

ファンは見た方が良いと思います。

 

 

ドーン!なところの解説はしません。

この映画は映像で見た方が良いと思うから。

言葉では、書くと半減しちゃう。

 

 

ただ、「シン・ゴジラかよ!」って

突っ込んだのは確か(笑)

 

 

気になる方は是非見てみてください^^

 

吉川晃司がかっこよすぎる!長谷川博己主演 新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」感想・気になる点・ネタバレ!

 

 

記事の内容を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで
共有して頂けますと、とても嬉しいです。

この記事を見た人は、こんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す

ページの先頭へ