高橋一生と松田龍平が2003年に共演した映画「恋愛寫眞 Collage of our Life」感想・ネタバレ!広末涼子が可愛すぎる「ただ、君を愛してる」

映画
スポンサードリンク
Pocket

こんにちは

スワン通信です♪

 

 

今日の映画は「恋愛寫眞 Collage of our Life」

高橋一生さんも出演しているんです!

広末涼子さん、松田龍平さん、小池栄子さんを中心に

2003年に映画化されています。

 

 

だいたい、高橋一生・松田龍平ときたら

大人気ドラマ「カルテット」ですが

ず~っと前に共演しているんですね^^

この頃は、高橋一生さん知らなかったですけど(笑)

 

この映画を見ようと思ったきっかけは

広末涼子さんが好きだったから

 

あまりにも美しい映画パッケージを見て

「見たい!本編見たい!」

と思ったのです。

 

 

 

 

それと同時に『恋愛寫眞』ってタイトルなので

おそらく、写真が関係している内容なんだろうと思った。

 

好きな人のこんな写真を私も撮りたい。

そんな思いが沸き上がりました。

 

 

~ストーリー~

ある日、カメラマンの誠人はかつての恋人、
静流が死んだという噂を耳にした。
だが、時を同じくして彼女からの手紙が彼のもとに届く。
消印はニューヨークで、自分の個展に招待する旨の内容だった。

静流との出会いは3年前の大学時代にさかのぼる。
静流はプロカメラマンを目指す誠人の影響で
写真を撮り始めたが、
ある時“プロのカメラマンになるまで待ってる”と
言い残して彼の前から姿を消した。
誠人は未だ忘れることの出来ない静流を探すため、
彼女が同封してきた写真に映っている風景だけを頼りに
真冬のニューヨークへ旅立つ。
引用:allcinema

 

 

~キャスト~

広末涼子 = 里中静流
松田龍平 = 瀬川誠人
小池栄子 = アヤ
ドミニク・マーカス = カシアス
山崎樹範 = 白浜
西山繭子 = みゆき
高橋一生 = 関口
原田篤 = モテ男
江藤漢斉 = 市山教授
佐藤二朗 = 医師
岡本麗 = コインランドリーの女
大杉漣 = 社長

 

 

~監督~

堤幸彦

■主な作品

金田一少年の事件簿(第1・2シリーズ)
TRICKシリーズ
20世紀少年 3部作
ケイゾク・SPECシリーズ
溺れる魚
サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜
悼む人
天空の蜂
イニシエーション・ラブ
真田十勇士
RANMARU 神の舌を持つ男

世界の中心で、愛をさけぶ

 

 

~プロデューサー~

植田博樹
田沢連二
原克子
市山竜次

 

~脚本~

緒川薫

~撮影~

唐沢悟

~音楽~

見岳章
武内亨(元チェッカーズ)

 

~主題歌~

山下達郎 『2000トンの雨』

 

 

 

ここからネタバレがありますので、注意です!

 

 

~感想・ネタバレ~

 

まず最初に思った事。

やっぱり写真が中心の映画だったので大正解。

 

とても美しい写真がたくさん見れて良かった。

広末涼子ファンなら絶対に見るべき作品。

 

広末涼子さんのプロモーションビデオみたいに

彼女の美しい部分が、この作品にたっぷり含まれている。

 

もう、広末涼子さんの為の映画と言っても良いくらい!

それだけでも、大満足だ。

 

 

さて、内容です。

死んだはずの元カノ静流(広末涼子)から、

ニューヨークの消印で手紙が届く。

 

3年前、売れないカメラマン誠人(松田龍平)と

天真爛漫な静流(広末涼子)が

誠人が静流に写真を教えて写真を通じて仲良くなっていき

一緒に暮らしていた。

 

いつの日か静流の写真が自分を超えていく気がして

静流に嫉妬さえ覚えるようになる。

 

ある日、写真コンテストに二人で応募するが

当選したのは、静流の写真だった。

落ち込む誠人。

 

静流は、ただ、誠人と一緒にいたかった。

 

ずっと、誠人がプロのカメラマンになれると信じている。

ギクシャクしていき、別れてしまう。

 

誠人はずっと忘れていない約束。

「プロのカメラマンになるまでは会わない」

 

月日が流れて、静流から個展を開くと手紙が届く。

ちょうど、その頃、静流が死んだ事を知らされる。

 

本当に死んだの?

生きてるんじゃないの?

 

届いた写真だけを手掛かりに、広いニューヨークに探しに行く。

旅の途中にいろんな人と出会う。

静流の友達でダンサー志望のアヤ(小池栄子)と出会う。

 

いろんな事があり、自分を助けてくれたカシアスに

拾い物の高級カメラを預かり、

静流が見て感じてきた風景、表現したかったものを

追いかけるように、自分も写真を撮っていく。

 

だんだん、静流と誠人が同化していくようだ。

大切なことに気が付いて行く。

そして、実際の静流に近づいて来た。

 

写していた写真を現像してみたら

一番最初の方に、コインランドリーの洗濯機の中を写した

写真があった。

 

これは、以前、静流が写した撮り方と同じだった。

 

 

誠人は、カシアスにこの高級カメラを拾った場所に

連れて行ってもらった。

 

最後にシャッターを写した写真と照らし合わせて

静流が、この場所で死んだことが分かった。

 

 

急に、銃声がなり、誰かが自分を撃とうとしている。

すぐに静流を撃った犯人だと思った。

その犯人は、友達だと思っていたアヤだった。

 

アヤは誠人にも発砲し、お腹に当たる。

アヤが静流を殺した理由はとても自分勝手で、

先に夢を叶えた静流に嫉妬して殺したと話す。

アヤは誠人も殺そうとしてスタンガンを当てられ気を失う。

 

 

目を覚ますと一緒にいたカシアスの部屋。

撃たれたお腹は、静流の高級カメラに当たって

重症にならずに済んでいた。

静流が誠人を助けたんですね。

 

 

その後、警察病院に収監されている静流の遺体に会いに行く。

顔を撃たれていたため、判別が出来なかった。

 

と、言われているけど、

顔が分からなくなるくらい銃で撃ったの?

怖いよ。アヤ。。。

 

 

でも、手の甲にマジックで”みかん”と書いてあって

それは静流の癖である事を思い出し、

その遺体が静流だと確信して泣き崩れる。

 

その後、誠人は「里中静流」と名乗り立派な写真家になった。

 

 

■気になるポイント①

 

劇中、広末涼子さんがカップヌードルに

マヨネーズをたっぷりかけ

「マヨヌードル」は美味しいでしょうか?

と言うシーンが出てくる。

結局、正解を言わずに、全部食べ切るのですが

これ、気になるじゃん!

って事で、自分もやってみました。

 

ん~・・・

私は普通に食べたいと思います。はぃ。。。(笑)

 

 

■気になるポイント②

 

小池栄子さんの演技、怖いよ~(>_<)

めちゃくちゃ怖いです。

なんか、ちょっとアヤが襲ってくるシーンが

別の映画みたいになってる(笑)

 

それから、殺害の動機が小さすぎる。

こんな事で、人殺すかなぁ?

そんな小さな事でも殺される事があるんだよ。って

事を言いたかったんだろうか?

 

ネットで調べたら同じように思った人が

結構たくさんいたようでした。

 

 

■気になるポイント③

 

え?「里中静流」と名乗り写真家になったんだ。

一体になって、ずっと二人で作品を取り続けて

生き続ける。

って、事なのかもしれないけど

ちょっと、あれ?って思った。

 

 

■気になるポイント④

 

とにかく、広末涼子さんが美しい映画。

ちょっと好き。くらいの人でも見たら大好きになるかも。

 

 

■気になるポイント⑤

 

高橋一生さんが出演しておりますが

見逃すくらい、今のキラキラ一生とは違います(笑)

でも、声はそのままです^^

「ん?これかも?」

と思って、巻き戻して確認しちゃいました。

 

 

■気になるポイント⑥

 

この映画を見て、私は一眼レフカメラを始めました。

結構良いカメラ買って、自分の彼氏を

広末涼子さんの、あのパッケージになってる写真みたいに

写したくて、撮ったのですが・・・

 

普通の寝顔になって、ガッカリしたのを覚えています(笑)

 

今でもカメラは私の趣味として続けています。

 

 

だから、私としては

とても思い出深い作品です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

~恋愛寫眞 もうひとつの物語~

この「恋愛寫眞」には、堤幸彦監督の「恋愛寫眞」を基に
人気作家・市川拓司さんが
新たに書き下ろしたアナザー・ストーリー
『恋愛寫眞 もうひとつの物語』があります。

 

~市川拓司さん 主な作品~

「いま、会いにゆきます」

「そのときは彼によろしく」

 

 

恋愛寫眞 もうひとつの物語(小学館文庫)[市川拓司]

 

 

 

物語の結末などは全く違うストーリーになっています。

 

 

そして、この小説は、

映画『ただ、君を愛してる』

として、2006年映画化されています。

 

「恋愛寫眞 Collage of our Life」「ただ、君を愛してる」

似てると言われるのは、アナザー・ストーリーだからですね。

 

 

 

~ストーリー~

大学入学式の日、誠人は幼い容姿の個性的な女の子、
静流と出会う。
人と接することが苦手で大学生活に
なかなかなじめない誠人だったが、
静流とは自然と打ち解けることができた。
写真が唯一の趣味の誠人といつも一緒にいたい一心で
自分もカメラを手に取る静流。
そして2人でキャンパス裏の森へ写真撮影に出かける日々が続く。
しかし、誠人はクラスの人気者、みゆきに片想い。
子どもっぽい静流のことは決して恋愛の対象とし見てくれない。
そこで静流は、誠人が振り向いてくれるような
いい女になると決意するのだが…。
引用:allcinema

 

~キャスト~

玉木宏 = 瀬川誠人
宮崎あおい = 里中静流
黒木メイサ = 富山みゆき
小出恵介 = 関口恭平
上原美佐 = 井上早樹
青木崇高 = 白浜亮
大西麻恵 = 矢口由香

 

 

なるほど!

恋愛寫眞」と検索すると

宮﨑あおい」と出てくるのは

この理由だったのですね。

 

あ、宮崎あおいさん、岡田准一さんとのご結婚

おめでとうございます。

 

 

~監督~

新城毅彦

■主な作品

あすなろ白書
イグアナの娘
君の手がささやいている
レガッタ~君といた永遠~
僕たちがやりました

Life 天国で君に逢えたら
僕の初恋をキミに捧ぐ
潔く柔く
四月は君の嘘
ひるなかの流星

 

~プロデューサー~

松橋真三
野村敏哉

 

~脚本~

坂東賢治

 

~主題歌~

大塚愛 『恋愛写真』

avexチャンネルより

 

 

可愛い!

 

 

にゃんこスターが大塚愛さんの

「さくらんぼ」使用していて再ブレイク^^

 

 

 

映画「恋愛寫眞 Collage of our Life」には

とても美しい写真がたくさん出てきます。

 

是非見てみてください^^

 

「奥様は、取り扱い注意」第7話 広末涼子の相手役の合コンのイケメン俳優は誰?小関裕太プロフィール「覆面系ノイズ」「曇天に笑う」「ちょっとまて野球部!」

 

 

記事の内容を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで
共有して頂けますと、とても嬉しいです。

 

この記事を見た人は、こんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す

ページの先頭へ