「上、乗ってもいいですか?」エロすぎる?or 面白い? 壇蜜の宮城県観光PR動画「涼・宮城」 【伊達な旅】夏キャンペーン2017

芸能・ニュース
スポンサードリンク
Pocket

こんにちは

スワン通信です♪

 

 

壇蜜さん主演の宮城県観光PR動画が賛否両論!

 

「仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2017」
PR動画です。

 

『も~、欲しがりなんですから』

 

亀の頭をナデナデして、

 

『上、乗ってもいいですか』

その後に、亀が大きくなって赤くなる。

効果音まで付いてる。

 

 

 

 

さらに!

亀にまたがり、空を飛びながら

「気持ちいいですか~?」

 

唇のドアップはあるし。

手もエロいし・・・

 

「宮城、行っちゃう?」

「ぷっくり膨らんだ、ず・ん・だ」

「肉汁トロットロ、牛のし・た」

「え、おかわり?も~欲しがりなんですから」

 

 

最後は、

「あっ!という間にイケちゃう・・・」

 

と、「あっ!」で唇のドアップ。

 

 

 

など、確かに表現や言い方がエロい。

 

 

そんなPR動画に対して

 

「エロすぎる」

「18禁だろ」

「下品」

「悪趣味」

「壇蜜ばかりで、宮城の観光名所が頭に残らない」

 

 

と、批判の声があがっている。

 

 

しかし、逆に

 

「いいんじゃない?それで話題になるなら」

「壇蜜さん綺麗だし、イメージ悪くはならない」

「面白い」

「中途半端じゃなく、ワザとだから笑いになる」

「お笑いのネタですか?」

「大成功なんじゃない」

 

 

などと、特に問題ないと言う意見もある。

 

確かに、話題になって

テレビでも取り上げられたり、

動画を見た人が多い事には変わりない。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

この宮城県PR動画が話題になっている事に対して

村井知事は、こう述べている

 

 

「もちろん、賛否両論あるだろうなとは思った」

 

「見ていただかないと意味がない。
宮城って涼しいんだなということは感じてもらえるので、
そこからまた次につながっていくと思いますんで。
私としては賛否両論あったことが
逆に成功につながっているんじゃないかなと
思っていますんで」

 

「私としては面白いと思っている。
あれをみて『宮城に行かない』と、
そういう感じにはならないのではないか」

 

 

 

確かに、あの動画を見て

「宮城になんか行かない!」とは思わない。

 

 

 

 

 

ん~、、、

村井知事のコスプレが問題だ(笑)

 

 

 

 

では、その宮城県観光PR動画を実際に見てみよう!

 

「涼・宮城」「りょうぐうじょう」
浦島太郎の物語に登場する
「竜(りゅう)宮城(ぐうじょう)」に重ねて、
「涼(りょう)・宮城(ぐうじょう)の夏」と題した

「仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2017」
壇蜜主演のPR動画です。
むすび丸と一緒に、ずんだもちや牛たんなど
宮城の夏を堪能しています。

引用:涼・宮城の夏 2017チャンネルより

 

 

壇蜜主演 【涼・宮城の夏】仙台・宮城観光PR動画

涼・宮城の夏 2017チャンネルより

 

 

 

プレミアム涼・宮城 玉手箱キャンペーンやってる!

「涼・宮城の夏」特設サイトから応募できる、
豪華キャンペーン!

抽選で800名様に「宮城」を詰めこんだ
金・銀・銅の玉手箱、いずれかをプレゼント

 

金:「プレミアム涼・宮城」ペア50組・100名様をご招待

銀:「味や技の、旨いもの」ギフトカタログ 200名

銅:「伊達政宗公オリジナルデキャンタ」500名

 

さらに、金・銀・銅当選者800名の中から抽選で
100名様に2017年8月26日(土)
「プレミアム涼・宮城スペシャルイベント with 壇蜜」にご招待

 

 

「金のカメGET」キャンペーンも実施しています。

 

どちらの内容も詳しくは、
涼・宮城の夏公式サイトで確認出来ます。

 

涼・宮城の夏公式サイト
 

 

 

 

動画について、私が一番気になったのは・・・

 

「肉汁トロットロ、牛のし・た」は

牛タンなんだろうけど、

 

映像では、なんだかよく分からない、

茶色い物体だったこと(笑)

 

 

出典先:涼・宮城の夏 2017チャンネル

 

 

 

パッと見、ショコラチョコレートかと思った(笑)

 

 

PR動画については、賛否両論ですが、

宮城は観光スポットたくさんあるので

満喫してください^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を見た人は、こんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す

ページの先頭へ