「セルフネグレクトとは?」私、危険かも?と思ったら、まずやってみる医療以外の対策方法

未分類
スポンサードリンク
Pocket

 

 

こんにちは

スワン通信です♪

 

 

最近良く聞く「セルフネグレクト」

私は、「ネグレクト」って言葉も

最近聞き始めたばかりだった。

 

 

■ネグレクト(neglect)

ネグレクトとは、
児童虐待、障害者虐待、高齢者虐待のひとつ。
子供に対するネグレクトは育児放棄(いくじほうき)、
育児怠慢(いくじたいまん)、
監護放棄(かんごほうき)とも言う。

また、ペットの飼育放棄(しいくほうき)に対しても
指すことがある

引用:Wikipedia

 

■セルフネグレクト(self neglect)

成人が通常の生活を維持するために必要な行為を行う
意欲・能力を喪失し、自己の健康・安全を損なうこと。

必要な食事をとらず、医療を拒否し、
不衛生な環境で生活を続け、家族や周囲から孤立し、
孤独死に至る場合がある。
防止するためには、
地域社会による見守りなどの取り組みが必要とされる。
自己放任。

引用:コトバンク

 

 

 

~セルフネグレクトになると、どうなる?~

●片づけられなくなる
●洗濯しない
●食事をとらない
●顔を洗わない
●歯を磨かない
●お風呂に入らない
●具合悪くても病院行かない
●人付き合いも面倒
●すべてが面倒

 

自分の為に何もしなくなる。

って、感じでしょうか。

意欲自体が無くなる。

 

 

最初は出来るだけ、簡単な方法を選択する。

〇自炊しないで、カップラーメン食べる
〇コンビニ弁当しか食べない
〇お菓子しか食べない
〇アルコールが増える

 

そして、片づけない。

(本や新聞を積み上げるのも危険信号)

 

あっという間に、ゴミ屋敷になりますよね。

 

 

え?

毎日コンビニ弁当だし、

アルコールも毎日飲んでるけど?

 

って方は結構いるかもしれません。

 

 

でも、片づけてますよね。

ゴミも時々溜めちゃうけど、捨てに行ってるかと思います。

 

やろう、やらなきゃ、って気持ちはあります。

 

 

また、原因にはこのような状況の人も多いです

●仕事が忙し過ぎて、人と話す時間もない
●一人暮らし(又は家族とすれ違い生活)
●信頼できる友人・恋人・家族がいない

 

なので、若い人でも多いのですよね。

 

『も~、別に自分の事なんてど~てもいいや~・・・』

『別に、私がいなくなっても、誰も困らないし』

『仕事だって、代わりなんていくらでもいるんだし』

『そもそも、なんで生きなきゃならないの?』

『こんな嫌な思いをしながら、苦痛しかないじゃん』

『何のために生きてるの?』

『これから何があるっていうの?』

 

 

とても苦しくなるような言葉

 

でも、思った事がある人はいるのではないでしょうか。

それが、誰にでも起こる可能性のある

 

『セルフネグレクト』

 

なのです。

 

セルフネグレクトについて支援事例を豊富に収載し

役立つ情報がたくさん記載されいている本も出版されています。

 

 

 

~セルフネグレクトになる主な5大原因~

 

■離婚

■リストラ

■近親者やパートナーの死

■病気や入院など

■人間関係

 

 

私の知っている例は、親の死でした。

 

一生懸命、本当に必死で介護して

毎日走り回って、精一杯やれることをやって、

親が亡くなる。

 

 

ポカーンと空いてしまった穴。

疲れ。

介護や看病の為に生きていたような時間が終了。

悲しみ。

後悔。

 

次に進むべき道が上手く見つからない。

焦り。

戸惑い。

不安。

鬱。

 

家族がいない、ひとりぼっち。

深刻な話を出来る友人もいない。

転勤族だったので、近所にも知り合いがいない。

 

誰にも相談出来ない。

恥ずかしくて、生き恥をさらけ出すような事を

知り合いになんて話せない。

 

 

・・・

 

良く耳にする

 

「自分を大切に」

「考え過ぎない」

「まぁいいかと思うように」

 

出来ないから、頭と心が壊れるのです!

だから、体も壊れるのです。

自分を大切に思えないから、やらないんです。

 

でも最初はやろうとします。

前向きに考えようとします。

 

『ダメだ!これじゃダメだ!』

『しっかりしなきゃ。頑張らなきゃ』

 

目標をノートに書いたり、壁に貼り紙したり。

 

 

でも、上手く出来なくて、

上手く生きられなくて、

心も体も壊れてしまう。

 

生きるための気力が麻痺してしまう。

 

でも、自分で命を絶つことも出来ない。

それだって、とてもエネルギーが必要ですもの。

 

 

スポンサードリンク

 

 

~私、危険かも?と思ったらやってみる医療以外こと~

 

■とりあえず、外に出る時間を作る
(散歩など)

 

■好きなことの動画を1分くらいでも良いので見る
(YouTube・インスタグラム・Twitterで手軽に見れる)
(動物・空・景色など)

 

■動物を飼う

自分の為に、何もやる気になれないなら
動物を飼って、ペットに愛情を注ぐ

※注意点
ペットに依存してしまう可能性があるので、
動物が亡くなったら、また落ち込みが激しくなるかも

 

体制を整える、ひとつの考えではあります。

 

でも、一度家族に迎えたら

絶対に捨てたり、傷つけたりしないでください。

大切な、ひとつの命です。

 

 

 

その方は、時々、里親探しも兼ねている

猫カフェに行くようにしました。

 

相性の良い、猫ちゃんがいたら

一緒に暮らすかもしれないですね!

 

何より、3つ兼ね備えている

「外に出る」

「好きなものを見る」

「動物を飼う」

 

顔も穏やかになってきました。

 

 

■市に相談する

病院行くのはハードル高い。

お金もかかるし・・・

 

それなら、

包括センターや、市の悩み相談の担当があるはずです。

愚痴を話すと、少しスッキリしたりします。

ガス抜きをするだけでも、少し違うかもしれません。

市の方でも、辛くなったら話をしに来てと言っています。

 

また、市役所に行ったりすると

「一人で悩んでいませんか?」

などというポップがあったりもします。

 

無料ですし、電話してみるのも良いと思います。

 

ネットで探しても良いのですが

悪質な業者に捕まるのは怖いので

きちんとしたところに相談する事をお勧めします。

 

~まとめ~

 

セルフネグレクトは、誰にでもなる可能性がある。

なる前に、出来る事をやってみる。

 

どうして私だけ。。。

もう、やめた。。。

 

自己放任する前に

ちょっと、寄り道してみませんか。

 

そんなことで、治るわけないじゃん!

いや、そんなことでも

何か新しい道が見えるかもしれません。

 

 

この記事を見た人は、こんな記事も読んでいます

スポンサードリンク

コメントを残す

ページの先頭へ